2013年12月アーカイブ

経済的なピンチ

人生には経済的なピンチが時として訪れる事があります。
金額の大小あれど、急な出費に遭遇してしまうリスクが、あります。
それは誰しもが遭遇する恐れのある出来事だと言われています。
突然の出費に対応するためには、色々な情報と知識が肝心でもりあます。

慌てずに専門的なサービス(http://casapoundtoscana.org/)やショップに相談してみるのも、一つの手段です。
今ではバンクイックなどのサービスも設けられています。
急なピンチの相談の対応が期待できます。

バンクイックとは三菱東京UFJ銀行のカードローンの一つです。
カードローンはなんとなく抵抗があったのですが、お金がない現実と、大手の銀行が貸してくれるお金で安心だと思うことで決心がつきました。

ネットで申し込んでからあっという間にカードを受け取ることができ、その日のうちに車検に出すことができました。

あまりに簡単でびっくりでしたが大変助かりました。

主婦の方はこちらのサイトがおすすめのようです→専業主婦ローン【専業主婦の借り入れ実態】

返済も金利が高すぎなかったので、無理なく返済することができました。
今回のような急な出費にもすぐ対応できるバンクイック、これからも機会があれば計画的に返済できる範囲が前提で頼りにしたいと思います。

証券会社の社員が出世していくためには、とにかく上司の命令の元投資家に株を購入してもらい、手数料を稼ぐことが一番という業界全体の体質にもつながります。
この執行役員が特別な存在であり、良心をもった大多数の社員・役員はインサイダー取引に手を染めることは絶対ないとは言えないでしょう。

三井住友フィナンシャルグループだけでなく、野村証券でも同様のインサイダー取引(情報漏えい)が発覚しています。
残念ながら、普通に考えてこの2件の報道は「氷山の一角」であると思われても仕方ありません。
金融商品取引法に示されている程度の厳罰化では、まだまだ本当にインサイダー取引をためらわせるだけの「厳しい」罰とはなっていないのかもしれません。

テレビ電話での申し込み

少しでも早くカードローンを利用したい場合や、自宅に書類が届くのが嫌な場合には、書類やカードの受け渡しのときだけ"テレビ窓口"を利用することもできます。


テレビ窓口は、全国に634台設置されていますので、債務整理後の借り入れ@即日融資・審査に通りやすいとこはココ!などで店舗検索で探してみると、すぐに見つけることができるでしょう。

また、基本的に運転免許証があれば、その場でカードの受け取りができますので、即日融資にも十分対応することができます。


しかし、テレビ窓口の営業時間が平日でも20:00までとなっていますので、申込みの時間などにも十分に注意する必要があります。

即日融資のためには、平日なら夕方の18:00頃までに申込みを完了しておくと、余裕を持って即日でカードの発行が受けられると思います。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。